ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育・生涯学習 > 小中学校・就学支援 > こころ豊かでたくましく生きる人づくり
教育委員会の概要
組織一覧
小学校・中学校
認定こども園・保育園・幼稚園
子育て支援
学校給食
職員採用
文化財・資料館
広報
その他

丹波市教育委員会

たんばに学び たんばで育つ たんばを担う人づくり             

 丹波市いじめ防止基本方針策定について

丹波市いじめ防止基本方針 [PDFファイル/623KB]

平成26年3月に策定しました丹波市いじめ防止基本方針をもとに、市民全体でいじめ問題について考え、丹波市がいじめ・暴力ゼロのまちとなるよう取り組んでまいります。

 児童生徒のいじめに係る実態調査の結果について

児童生徒のいじめに係る実態調査の結果【2月調査】 [PDFファイル/562KB]

児童生徒のいじめに係る実態調査の結果【11月調査】 [PDFファイル/1.04MB]

児童生徒のいじめに係る実態調査の結果【6月調査】 [PDFファイル/836KB]

2月に行いました児童生徒のいじめに係る実態調査の結果と分析を報告します。

(1)いじめ事象の出現率は過去最低

 問1から問10の「あてはまる」と回答した出現率は、平成26年度、27年度ともに、どの問についても調査ごとに減少 しており、これまでの調査で一番低い出現率となりました。各学校の組織的・継続的な取組の成果と考えられます。出現率が低くなっても、いじめが隠れているのではないかという見方で対応する必要があります。

(2)いじめを見たときに行動する児童生徒が増加

 問12「いじめを見たとき何もしない」と回答した児童生徒が、これまでの調査で一番低くなり、4.8%になりました。いじめ・暴力ゼロサミット等の全市的な取組や各学校での未然防止の取組の継続、特に、子ども達自ら児童会や生徒会の取組として行動したことが理由と考えられます。

(3)中学校で、携帯等に対するトラブルが増加

 問10「携帯等にいやなことを書かれたことがある」について、全体としては出現率が減っています。しかし、中学校においては、本年度、3回の調査ごとに増えており、特に、中学校2年生については、11月調査と比較して2倍以上になっています。携帯(スマホ)等の利用自体に対する指導を、家庭と連携しながら取り組む必要があります。

丹波市では、丹波市いじめ防止基本方針を策定し、いじめ問題を家庭、地域住民、関係機関がそれぞれの役割と責任を自覚し、連携して取り組んでいます。各学校でも学校いじめ防止基本方針を定め、児童生徒の自主的な取組も行っています。今後さらに、児童生徒のいじめ防止に向け、市民のみなさまとともに「いじめ・暴力ゼロ市民運動」として推進してまいります。

丹波市教育委員会


小中学校一覧 Eスタ 丹波市立図書館 家庭学習の力