ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・防犯・安心安全 > 防災 > 丹波市防災マップ・地震ハザードマップ

丹波市防災マップ・地震ハザードマップ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月1日更新

丹波市防災マップを作成しました

これまでの浸水想定区域や土砂災害危険箇所の表示に加え、山地災害危険箇所、土砂災害警戒区域における土石流の影響範囲、避難所情報の更新を行いました。

丹波市地震ハザードマップとして、活断層型の地震や海溝型の地震により、丹波市でどのくらいの揺れが起こるかを示した揺れやすさマップ等を記載いたしました。

これらのハザードマップを十分活用し、いざという時のために、避難場所や避難時の心得などを確認しておきましょう。

以下の関連リンクから、防災マップと地震ハザードマップをご確認ください。

丹波市防災マップの概要

このマップについて

  • このマップは、大雨によって河川の堤防が壊れたり、堤防を越えて水があふれた場合の浸水想定区域と水深、土砂災害の恐れがある箇所、避難場所などを示したものです。
  • いざという時に備え、日ごろから大雨による浸水や、がけ崩れの恐れがある場所などを把握しておき、あなたの家から避難場所までの経路、家族の連絡先の確認をしておきましょう。
  • 危険を感じたときは、早めの自主避難を心がけてください。市から避難勧告や避難指示が発令されたときには、すみやかに避難行動をとってください。
  • 地図に示した「浸水想定区域」「山地災害危険地」「土砂災害警戒区域」以外の場所でも、状況によっては浸水したり、土砂災害の発生することがあるので注意しましょう。

このマップの活用方法

  • 災害が発生してからではなく、普段の日にこのマップを活用し、各家庭で次のようなことを確認してください。
  • 自分の家の位置を確認しましょう。
  • わが家の避難場所を決めて、そこまでの経路を確認しましょう。
  • 情報の入手先を確認しましょう。
  • 非常持ち出し品の準備と確認をしましょう。

防災マップの確認

丹波市地震ハザードマップの概要

揺れやすさマップ

  • 丹波市に影響を与える地震が発生した場合、どのくらいの震度が予想されるかを示したものです。

危険度マップ

  • 丹波市に影響を与える地震が発生した場合、どのくらいの建物被害が予想されるかを示したものです。

想定地震について

  • 市域に影響を与える地震として、(1)三峠断層帯地震(山南地域版は山崎断層帯地震)、(2)御所谷断層帯地震、(3)東海・東南海・南海地震の3つを想定しています。
  • お住まいの地域でどのくらいの揺れや建物被害が予想されるのかを確認し、地震対策に役立ててください。
  • 丹波市に震度6弱以上の影響をもたらす可能性のある想定地震は他にもあります。各地の地震災害では、家具の下敷きで亡くなった方が多数おられます。各ご家庭で、家具の転倒防止などの対策をしっかり行ってください。

ハザードマップの確認