ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 引越し・住まい > 丹波市新いきいき定住促進住宅補助制度について
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住宅・下水道・道路・交通 > 県営・市営住宅 > 丹波市新いきいき定住促進住宅補助制度について

丹波市新いきいき定住促進住宅補助制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月9日更新

丹波市では、U・Iターンで丹波市に移住される方と新たに2世帯同居をされる方へ、住宅の新築・購入・改修を支援しています。

対象期間

平成26年4月1日から平成29年3月31日までの3年間

事業認定申請締切…平成29年3月31日

補助金交付申請締切…平成30年3月31日

対象者

1 市内に移住(U・Iターン)される方 注)転入前2年以上他の市町村に住んでいた方に限る

2 市内で新たに2世帯同居される方 注)現在、市内で別居している世帯に限る

3 市内にU・Iターンをされる方のために、持ち家を貸したい方 注)自己所有物件を貸すための改修であること

補助要件

次の(1)~(2)すべてを満たす場合

(1)市内に定住するための住宅を新築・新規購入(土地代は除く)または改修すること

(2)市の他の補助金の交付を受けていない住宅であること

補助金額 

 補助金の交付は新築・新規購入・改修のいずれか一つが対象になります。

なお、新規購入の場合は、購入費用のうち、建物代金のみが補助対象経費となります。

市内に移住(U・Iターン)される方

(1)新築・新規購入の場合:費用の5%または50万円のうち低い額  (中学生以下のお子さんが居住する世帯は50万円を加算)

(2)改修の場合:費用の20%または20万円のうち低い額

市内で新たに2世帯同居される方

(1)新築・新規購入の場合:費用の5%または20万円のうち低い額(中学生以下のお子さんが居住する世帯は50万円を加算)

(2)改修の場合:費用の20%または20万円のうち低い額

市内にU・Iターンをされる方のために、持ち家を貸したい方

(1)改修工事の場合:費用の20%または20万円のうち低い額

 申請の方法

 (1)丹波市新いきいき定住促進住宅補助金事業認定申請書及び必要な添付書類の提出(申請者) 

  …申請前に、要件に当てはまっているか、丹波市新いきいき定住促進住宅補助金交付要綱をご確認ください。

(2)書類の審査、事業認定(丹波市)

  …申請者に事業認定通知書と今後の申請に必要な書類をお送りします。

(3)着工、工事・支払い・丹波市への転入手続き・新築の場合は登記完了(申請者)

(4)補助金交付申請書及び必要な添付書類の提出(申請者)

 …(3)の手続きが完了した後、速やかにご提出ください。

(5)補助金の交付決定、補助金の支払い(丹波市)

申請様式等

■丹波市新いきいき定住促進住宅補助金制度のご案内・提出書類一覧  [PDFファイル/393KB]

■丹波市新いきいき定住促進住宅補助金事業認定申請書(様式第1号)  [Wordファイル/40KB]

■丹波市新いきいき定住促進住宅補助金交付要綱  [PDFファイル/145KB]

■丹波市新いきいき定住促進住宅補助制度よくある質問 [PDFファイル/106KB]